ヘッダー画像


引越しで万が一のコトが合った場合の保険はきちんと!


高額な美術品・骨董品や大事な家具に万が一のことが合った場合に備えて、保険の補償内容についてはちゃんと確認しておきましょう。

引越しの時に、万が一のことがあった場合に備えて保険をかけておくほうがよいでしょう。輸送中に大事なものが壊れてしまった、紛失してしまった、高級なものにキズが付いた、などのトラブルが発生することがないとは言えないからです。

image

大手の引越し業者はこういったトラブルに対応するために「運送業者貨物賠償保険」に加入しているケースが多いです。ただし、この保険の補償対象は、荷物の運搬中や保管中に発生した破損、損傷、紛失になります。また、高額なもの、例えば宝石類や美術品などが補償対象になっているかどうかも確認しましょう。モノによっては補償対象外のこともあります。

たとえ高額品が補償対象となっていたとしても、賠償額に限度があることが多いので、その点注意しないといけません。


引越しの契約の際に、「30万円を超える高価な美術品や宝石類が荷物に入っているかどうか」と、引越し業者が確認してくれることがあります。聞かれないとしても、高額なものがある場合は、自分から申告しておきましょう。輸送中に破損したり紛失しても、補償されないことがあるからです。


骨董品や美術品、ピアノや高価な家財などがある場合は、別途自分で保険に入っておく事をお勧めします。掛け金は補償内容によって異なりますが、どういう内容か、いくらくらいか、引越し業者の見積もりの際などに聞くと、教えてくれることがあります。大手引越し業者の多くが、損害保険会社の代理店をしているからです。まずは相談してみるとよいです。





あってはならない引越し荷物の紛失だけど・・・



引越しの時に荷物が紛失、なんてことになった時のために、荷物には番号を振っておいたり、万が一の時の証拠となるように荷物の写真を撮っておくとよいです。

あってはならない事ですが、引越し中にもし荷物が紛失したら、どうしたらよいでしょうか。引越し作業中に荷物が紛失した場合、保険が適用されない可能性が高いです。荷物の破損については保険対象になります。が、紛失の場合、もともとその荷物があったのかどうか、というところが焦点になります。いくら「ここにあった」と言っても、第三者の証言などの証拠がない限り、「もともとなかった」と言われかねません。


結局のところ、「盗まれたのかもしれませんね」などという話になり、警察に盗難届を出す、といったことになります。盗難届を出したところで、警察がなくなったものを探し出してくれるわけではありませんし、悔し涙を流すことになる羽目に。そんなことにならないように、荷物に通し番号を振っておくのはよい方法です。トラックに荷物をつむ時にちょっと確認する、それだけでも紛失防止になります。


また、荷造りの際に写真を撮っておくのもよい方法です。万が一の時に証拠として使える場合があります。いずれにせよ、紛失したら絶対に困るようなものは、自分でちゃんと運びましょう。かけがえのない大切なものがなくなってしまったら、本当に切ない思いをしますよね。


なお、らくらくパックやおまかせパックを利用すれば、面倒な荷物の荷造り、プランによっては荷ほどきの作業まで全部業者にお任せできます。むしろこちらが下手に手伝うと、分針ツヤ破損があった時の責任があいまいになるので、全てやっていただくほうがよいです。らくらくパック、ちょっと料金かかりますが、お勧めのサービスですのでぜひご検討を!